⼩浜の寺社仏閣の歴史

古代、若狭国(わかさのくに)の北端に位置する小浜は、奈良や京都の都の食文化を支える「御食国(みけつくに)」、また海を渡って往来する人と物資の大陸との玄関口、それぞれの重要な役割を持つ拠点として存在していました。仏教が政治的にも勢力を持った時代、小浜にも神社、寺院、仏閣が数多く建立され、現在も国宝や国の重要文化財を中心とした古刹や仏像が現存しています。大きな戦に遭うことなく、地域の人々によく守られた祈りの場は、長い歴史によって培われた時間を優しく伝えてくれます。

⼋ヶ寺巡礼ツアー

開催⽇時
2021年
9⽉18⽇(土)〜11⽉30⽇(⽕)
9:00〜17:00
※新型コロナウィルスの感染拡大の状況により変更することがあります。
小浜市内に現存する寺社仏閣の中でも、国宝や国・市の重要文化財などに指定される古刹を中心に八つの寺院(萬徳寺・国分寺・明通寺・羽賀寺・圓照寺・妙楽寺・神宮寺・多田寺)は「八ヶ寺」と呼ばれています。 難を逃れてきたひっそりと佇む本堂や、時代によって異なる表情を作り出している仏像を、じっくりと目で触れるように味わってください。
注意事項
ツアー専⽤のご予約アプリ
「おばまAI運⾏バス」から乗⾞予約してください